クリックで'asia engineerホームページ'へ  24 . Aug Sun

アイスバケットチャレンジ。ボクのところまでお鉢が回ってきましたので、出張先の札幌で氷水をかぶりました。

ALS (筋萎縮性側索硬化症)は原因不明の難病で、筋肉の委縮や筋力の低下をきたす神経変性疾患なんだそうです。個人的に記憶に新しいのは、徳洲会の徳田虎雄前理事長。以前、徳之島出身の知人から『トラオ 徳田虎雄 不随の病院王』というノンフィクションの本を紹介され、ALS患者やその家族の壮絶さを知りました。

ALSの理解と支援が広がることを願います。

 

なお、実行者は、次のチャレンジャーを3名指名するわけですが、、、

 

ボクは敢えて次を指名しません!

 

このチャレンジについては、ボクもいろいろ考えさせられました。そのことを以下に述べますね。

 

まず、このチャレンジの切り口については賛成です。

ALSもそうですが、さまざまなイシューが世の中に埋もれていて、なかなか認知されてない。ソーシャル系の活動に携わる人は、多かれ少なかれまずそこに大きな悩みを抱えています。

そういう意味では、ボクが関わっている森林だって同じ。都市部の人には森は遠い存在だし、途上国の森林破壊は先進国の人には疎いイシューです。つまり現状に耳を傾け、理解しようとする人はそう多くありません。そもそも、イシューの存在に気づいてもらうコンタクトポイントが少ないんです。

そういう意味では、アイスバケットを通じてALSの事を知った人は多いと思います。「遊びだ」「上っ面だ」「偽善だ」と言われても、まずは知ってもらうことが大切。そのきっかけ(インターフェイス)は小難しくてハードルが高いモノよりも、ポップで手軽な方が裾野が広がるわけですね。

このチャレンジも、こうして世界中に広がっているわけですし、そもそもALSという言葉を知らなかった人への認知を広めることができたわけです。つまり裾野を広げるという狙いの面では成功と言えます。

 

ただ、その手法には感覚的にしっくりきませんでした。

まずは、「これってチェーンメールっぽいな」という第一印象。

それと、特に日本においてはチャレンジが広がれば広がるほど、「集団心理」と「強制力」が半ば暗黙のままに働いてしまうということ。

 

特に日本は、「朝バナナがいい!」とTVで報じられると、翌日スーパーからバナナが消えたり、ポップコーン屋さんが上陸すると報じられると、長蛇の列ができたり(個人的には、この人たちホントにポップコーン好きなのかよ、ってひねくれた目で見ちゃいます)、ブームに対してはかなり集団心理や横並び意識が働きやすい民族だと思うんです。そうなると、本当は乗り気でなくても氷水を被るか寄付を支払うというのは見えない強制力でしかないですよね。

 

もしこのまま×3のペースで広がりすぎてしまうと、今度はALSに対して嫌悪感を抱いてしまうような人も出かねないと思っています。もしそうなれば勿体ない話しです。

 

中には、「自分に回ってこい!」と思う人もいると思います。

指名するならば、乗り気でない人よりも喜んで受ける人を指名したいです。ですが、その先の事を考えると、必ずしもその意識で拡がり続ける確信が持てませんでした。なので、ボクは次の指名を控えた次第です。

 

もともと、ソーシャルな活動というのは一過性でなく、継続性が問われます。過熱しすぎると、その反動も大きくなる。ボクだってソーシャルでメシを喰っている人間です。被災地支援もそうですし、森林保全もそうですが、一瞬でバーンと寄付や注目が集まってその後落ち込むのではなく、寄付が細くても長く続くほうが、組織と活動の持続性につながるんです。

(もちろん、これがきっかけで注目を浴び、継続的なファンドレイジングにつながるのであれば理想ですが)

 

セレブでも何でもない日本人のボクにまでチャレンジが広がったってことは、ぶっちゃけもう十分でしょ。と思ったんです。

 

今回のチャレンジを通じて、ソーシャルに関わる端くれとしても勉強になりました。


水谷 伸吉


 05 . Sep Thu  shinkichi mizutani3
変貌するインドネシア

先日、6年ぶりにインドネシアに行ってきた。

東カリマンタン州に訪れるためだ。

ボクはmore treesが設立される前、この州で熱帯雨林再生プロジェクトに関わっていた。

 

今や、インドネシアはBRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)に次ぐ経済新興国として注目されている国だ。VISTATIPsNEXT11いずれにもインドネシアは含まれている。

 

その中で東カリマンタン州は、石油・石炭・天然ガスなどの天然資源が豊富な州だ。(第2次大戦中には、旧日本軍が資源を求めてこの地を攻略している。)

 

6年ぶりに立ち寄った現地は、かなり様変わりしていた。

まずは空の玄関口、バリクパパン市の空港。ガラス張りの立派なターミナルを建設中だった。

DSC_1740.jpg


これまでは先住民・ダヤック人の住居をイメージした建て屋だったのがエラいイメチェンだ。

今の建て屋の方が、いかにも地方空港、って感じで好きなんだけどなぁ。


バリクパパンは人口40万人程度の地方都市だが、街中では大型ショッピングモールや高層マンションが増えている。物価もグングン上昇しているらしい。

P8270532.JPG


 

「木材産業従事者の給料は、石炭や石油系の給料の1/3さ。だから物価が高いこの街に住むには、ちょっとキツイ」

と久々に会ったカウンタパートのインドネシア人がぼやいていた 汗

 

 

郊外に行くと、以前は草地だった場所がパームヤシのプランテーションになっていた。パームオイルの需要は世界的に伸びてるもんな。。。

 

P8230349.JPG

ここは

1. そもそもは熱帯雨林

2. その後、伐採が進んで荒れ地に

3. 入植者によってコショウ畑などに転換

4. 地力が衰え、放棄され草原化

5. 今はパームヤシのプランテーション

 

というプロセスを経ている土地だ。

 

 

別の場所では、石炭の採掘が進んでいた。

すぐ南隣は、オランウータン保護財団の施設と森林が広がっているのだが。。。

 

P8240470.JPG

ここでは露天掘りが一般的だ。木を伐採して、表土を削り、その下の石炭を採掘する。

本来、採掘後は覆土して植栽しなくてはいけない。大手の採掘企業は遵守しているようなのだが、中小の採掘企業はそのまま放置して撤退するケースも多いそうだ。。。(ここはまだ採掘中)

 

 

経済発展と人口増加の真っただ中のインドネシア。今回立ち寄ったのはバリクパパンという地方都市のみだったが、パワーと勢いがみなぎっていた。

それは結構なことなのだが、森林セクターが開発と環境の狭間に立たされていることは間違いない。

 

訪問の本当の目的と、森林の話題は次回ということで。

 

个个个个个个个个个个个个   

 水谷 伸吉


 19 . Aug Mon  shinkichi mizutani2
おそろいのTシャツ in フィリピン

ボクらは極力、プロジェクトで関わる各地域と「顔の見える関係」を求めている。

植林プロジェクトを展開しているフィリピンでもそのスタンスは同じ。

(そう頻繁に現地に足を運べませんが。。。)

 

今回久しぶりに現地にいったら、みんなおそろいのTシャツを作ったらしく、それを着ていた。

それがこれ。

13-07-24_3191.jpg

more Trees  more Life

"more Life" は彼らが足したフレーズだが、こうしてウチの組織を意識してくれることはとてもうれしい。

(フォントやデザインがイマイチなんて言ってはダメですよ!それは愛嬌 汗)

 

センターには「be kind to our planet」のコピーも。

 

なので郷に従え、ということで、負けじと?ボクもそのTシャツを着て住民集会に参加した。

13-07-24_2939.jpg


 

ちなみに今回は3つの地元住民組織が植林に参加しているのだが、グループごとに色が違う。

 

こちらはピンク。

13-07-23_1107.jpg

 

実際に地域のキャプテン(日本でいう町内会長)、住民組織のリーダーとメンバーである農民の皆さんと顔を合わせ、一緒に食事をしたりすることができて良かった。

 

 

ちなみに余談だが、フィリピンには第2次世界大戦中に着任した旧日本軍の山下将軍が、戦況の悪化に伴ってフィリピン国内に金塊や財宝を隠したという都市伝説が今でも各地に根強く残っている。しかも多くのフィリピン人はマジでそれを信じている。

(実際に見つかっている例もあるんだとか!)

それはボクらが活動しているキリノ州でもこの都市伝説は例外ではなく、

「こんなところに日本人が来るということは、もしやトレジャーハンターなのでは?と思ったよ」というようなジョーク(やや本気?)も言われた。

ボクらがトレジャーハンターでないことは、今回の訪問を通じて分かってもらえたかな?

ちなみに村の訪問を終えて、日没後にワゴン車でホテルに戻ろうとしたら、地元の人たちが途中まで原チャリで先導してくれた。というのも最近この地域は夜の治安があまり良くないらしい。

確かに違法伐採業者もいるみたいだし。

環境省の出先機関の人が先日銃で撃たれたとも聞いた。


けど、ボクらを送った後、村に戻る彼らのほうがむしろ危険なのでは??

と後から気づいた次第(汗)

个个个个个个个个

 水谷伸吉

more treesは日本国内での活動のイメージが強いかもしれないが、海外で植林活動もしているんです。

日本国内では、手入れが不足している人工林の問題が大きいが、グローバルにみると森林減少は急速なスピードで進んでいるのも事実。

 

ということで、2009年からフィリピンで植林活動に取り組んでいる。

 

フィリピンは1900年代には国土の70%を森林が占めていたが、2005年にはわずか24%にまで減少している国。

その要因は様々だが、商業伐採や、人口増加による農地転換による影響が大きい。

(最近の速報値では、フィリピンはついに人口1億人を突破した!出生率を考えると、日本の人口を上回るのは時間の問題??)

ちなみにフィリピンにおいて1960?70年代の最大の木材輸出先は日本だった。決して対岸の火事ではない。

 

さて、more treesが植林に取り組むのは、首都マニラから400km北東に位置するキリノ州という場所。

ここは、森林が減少してしまったフィリピンにおいて、森林が現存する数少ない地域であり、フィリピン最大の河川、カガヤン川の源流域でもある。

 

そんな地域を4年ぶりに訪問した。

植林は、現地NGOや地元住民と共に進めている。地元住民と共に、植林地へ。

ちなみに、農民が参加を表明した土地に植林しているため、プロジェクトサイトはモザイク状に存在している。そのうちの何箇所かを訪問した。

 

畑を横切り、

13-07-23_1619.jpg


とうもろこし畑を抜けて

13-07-23_1681.jpg

川を越えて 

13-07-23_2214.jpg


暑さと湿度の中、1時間半くらい歩いて最初の目的地に辿り着いた。(とにかく汗が止まらない!)

 

前回訪問後に植えられた木。


13-07-23_2100.jpg

 

3mほどに生長していた!

 

地元の人たちと記念撮影

13-07-23_1991.jpg

 

ここは生育がいい場所だ、ということで、別のサイトにも。


一方で、こちらは土地があまり肥沃ではなく、ご近所さんが放し飼いにしている牛に苗木が一部食べられてしまったとのことで、まだまだ背が低い。大きくても人の背丈ほど。中にはひざ下くらいの小さいものも。↓

13-07-24_3144.jpg

 

エリアによって差はあるが、とにかく軌道に乗っていることが確認できて一安心。

と同時に、現地で日頃オペレーションしている住民組織(POPeople Organization)と、それをサポートしているConservation Internationalさんや現地NGOらにも感謝。

 

植林というのは単に木を植えればいいというわけではなくて、それを取り巻く現地の社会環境や文化風習、制度や法律などが密接に絡んでくる。

ボクらはそれらをクリアできたとは決して言いきれないが、日々折り合いを付けるべく模索している。何より、日頃日本にいては直接的に動けないので、そこは現地に心強いパートナーがいてからこそ。

 

やはり、森づくりは地元コミュニティと切っても切れない関係だ。

森林に対するモラルも大切だが、地元が実利的に意義を感じてもらえることが、プロジェクトの持続可能性を握る大きなカギ。

 

これは日本でも同じだと思うが、途上国に行くとそれがより鮮明になる。

 

地元コミュニティについては、また追って。。。

 

(続く)

 

facebookのフォトアルバムに、現地写真をアップしています

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.616095685088223.1073741827.184689221562207&type=1

 

个个个个个个个个个个个个   

水谷伸吉


 19 . Jul Fri  shinkichi mizutani
百姓=ゼネラリスト

かつて「百姓」という言葉はあまり前向きにとられていなかった。

「木こり」も同じだろう。

 

共に、TVでは放送禁止用語になっている。(知ってました?)

この事実も、それを裏付けている。

 

 

けど、いろいろな山村を訪ねると気付かされることがある。

 

山村に住む人は、たとえば林業だけ、稲作だけでは満足な収入が得られないケースが多々ある。また、シイタケ栽培など季節限定の農作物の専業というのにも限界がある。

 

そこで、稲作、畑、シイタケ、お茶、林業、畜産、養蜂、川魚、そしてハンターなど複数の業を掛け持っている人が多い。

 

DSC_0855.jpg


役場の職員が、週末になると林業やシイタケ栽培を手伝うケースも珍しくない。

都市部のように、一つのことさえやれればいいわけではない。

 

つまり、百姓とはゼネラリストなのだ。

だからボクは、「百姓」「木こり」という言葉を敢えて普通に使う。尊敬をこめて。

自分にはとてもマネできないわけだし (--;)

 

ちなみに、、、

more treesでは、蜂蜜やミツロウも「森の恵み」として製品化すべく動いている。

木材だけでなく、これらも「林産物」であることには変わりないんですヨ。

 

ウチらも、森の恵みが都市部でアウトプットされる際の幅を持たせられる「ゼネラリスト」を日々目指しています、ハイ。

 

个个个个个个个个个个个个   

 水谷伸吉


 01 . Jul Mon  more trees事務局
九州のマチュピチュ

宮崎県北部、高千穂の南に諸塚村(もろつかそん)という村がある。

人口は1,800人程度。

林業が盛んなこの村とは5年ほど前から交流がスタートし、more treesと森林協定を結んだのが2010年だ。

 

この村はとにかく山深い。土地は急峻で平地が本当に少なく(森林率95%)、斜面にへばりつくように家が建っている。

数年前、とあるコンサルタントと諸塚に訪問した時に、その人物が思わずこうつぶやいた

「よくぞ人類がこの地に辿り着きましたね?」

これは彼なりの賛辞であり、感嘆だ 笑

急斜面にも関わらず、棚田や茶畑がきれいに整備され、森は人工林(針葉樹)や広葉樹がモザイク状に折り重なっている。

とはいえ急峻な地形は、確かに林業には不利な条件だ(もちろん農業にも)。

 

そんな諸塚に何度か通ううちに、ふと思った

「諸塚ってマチュピチュっぽいな」

栗の尾 (1).JPGのサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像のサムネール画像

 

↑どうです?マチュピチュっぽくないですか?

で、もう1カット。

DSC_1550.jpg

 







けど、そんな土地に住む人々がビックリするくらい温かく、しかも前向きで素晴らしい。

おもてなしの心も半端じゃないし、とってもフレンドリー。

子どもたちは自ら挨拶してくる。

それに応じてようやく挨拶を返す自分が恥ずかしくなってしまうくらいだ。。。

 

村では林業だけでなく、シイタケ、お茶、牛が主な産業。これを複数掛け持ったりしている。

これってリスクヘッジとも言えるのでは??

 

山の人から学ぶことって多いです。。。

 

ちなみにボク、本家ペルーのマチュピチュには行ったことないし、

日本のマチュピチュと言われるのは兵庫県朝来市の竹田城らしいですね。

「九州のマチュピチュは諸塚だ」、とは言ったもん勝ちということで。。。

 

とにかく、こういう稀有な地域の灯を消してはいけない。

地域(コミュニティ)と森っていうのは表裏一体だと常々思う次第。

个个个个个个个个个个个个个   
 水谷

 21 . Jun Fri  more trees事務局
丸の内朝大学

「朝活」の先駆けともいえるのが、「丸の内朝大学」だ。

縁あって、5月下旬から1カ月間、講座を持たせていただいた。

その名も「アーバン木こりクラス」。

 

丸の内で出勤前に森林のことを学ぶのがメインだが、目玉はフィールドワーク。

岩手県住田町で林業を体験し、LIFE311で関わらせてもらっている町内の木造仮設住宅に立ち寄り、被災地を見学する。

 そんな座学とフィールドを織り交ぜた講座だ。

 

座学。

DSC_1432.jpg

 

そして岩手のフィールドでは木こり体験。

P6010183.JPG

 

仮設住宅では、入居者の方との座談会も。

P6020257.JPG


そして陸前高田市の被災地を見学

P6020264.JPG

 

それらの体験をもとに、東京に戻った後の残りの回ではどうやって「都市と森をつなぐ」か、アクションプランを練っていただいた。

最終回では各グループの発表。

どれも個性的!

新聞を発行して、山村の現地情報を都市に伝えるプランや、マーク(ラベリング)を発行して、企業からの使用料を森に還元するプランなど、多岐にわたっていた!

DSC_1520.jpg

 

DSC_1522.jpg

 









そして最後に記念撮影!

__.JPG

 

 

ちなみにボクが勝手に定義した「アーバン木こり」とは、

 

都会に暮らしながら、森のよき理解者であり、

都市と森をつなぐ架け橋を担う人

 

である。

more treesはずっとこのコンセプトで活動してきたわけだし、これまでの活動を通じて得られた知見を皆さんと共有できたら、という意図が込められている。


なのでこのクラスは、当初から決して林業のプロを養成する目的ではなかった。

(何より自分がチェーンソーも年に数回程度しか握らないわけで。。。)

 

とまぁ偉そうに講師を務めさせていただいたわけだが、自分自身も朝大学は初めてなわけで、カリキュラムを組むのはちょっと手探りなところもあった。

受講生の方の反応をみながら、次の回の資料をちょっといじったりとか。

 

何より、金額に見合う満足度が得られたなら幸いです(#^.^#)

そしてこれからのアクションに活かしてもらえればなお嬉しいです(単に知識を得るだけでは意味がないので)

 

ちなみにボクは早起きがとても苦手(というか嫌い)。

7:15から授業を受ける、受講生の方のモチベーションには頭が下がる!

そして一度も遅刻しなくてヨカッタ(寝坊したらシャレにならない。まさか「休講」になるわけでもないし。)

 

何より、来週から金曜の朝に5時起きせずに済むし、木曜の夜は深酒できるゼ

!(^^)!

 

さてこのクラス、果たして秋や来年は存続されるんだろうか。。。

事務局と相談してみようかなw


个个个个个个个个个 

 水谷 伸吉


 03 . Jun Mon  more trees事務局
アーバン木こりクラス in 岩手
最近、巷では出勤前の時間に学んだり、体験したりする「朝活」が流行っている。
縁があって、「丸の内朝大学」の中でクラスを持たせてもらうことになった。

その名も「アーバン木こりクラス」。

サブタイトルが 「都会に暮らし、森と生きる」

つまり、決して田舎に移住して林業を始める人を増やすのではなく、都会で暮らしながら森と関わり、エンパワーするきっかけをつくる方法や手段を一緒に考えましょうよ、というのが狙い。

ということで、今回は木造仮設住宅(LIFE311 http://life311.more-trees.org/
や森づくりでご一緒している、岩手県住田町をフィールドとして、課外学習へ。

まず何よりも、受講者のほとんどが除間伐を体験したことがないので、手ノコを使って林業体験。

P6010198.JPG
















P6010207.JPG

















そして住田町の木材が活用された、木造仮設住宅を見学し、座談会。

いつもココの仮設に立寄るたび、入居者のオバちゃんから逆にお茶や漬物をご馳走になってしまっているが、今回もお菓子を頂いてしまうハメに。。。いつも申し訳ないです (^^;)

P6020220.JPG
















P6020252.JPG
















集会所には、教授が訪問した時のことが。。。
P6020255.JPG


















震災2年以上が経過したけど、まだまだ先は長い。

中上団地は63棟の木造仮設住宅が立ち並び、現在は20世帯程度が退去されたそうだが、仮設暮らしが長期化する方だって多い。

世話人として活躍している金野さんが
「とにかく忘れ去らないでほしい。また来てほしい」とおっしゃっていた。

やはり、外部の人の記憶から、震災のことが遠のいてしまわないことが切実な願いなんだ。物資よりも何よりも、そこを願ってるんだ。

LIFE311だって、まだ目標額には1億円が足りてない状況(現在の到達額は約2億円)ではあるけど、まだまだ止めるわけにはいかない!


それと、受講者の方からは、現地に行く前に
「震災(津波)と水産業の関わりは分かるが、林業とのつながりはピンとこない」という声もあった。
でもこれで、ある程度腑に落ちていただけたかな?

林業だって、住まいやエネルギーの面で地域との関わりが強いし、そこを何とか高めていこうという、地元の「変態」がここにも多い。

※「変態」については過去のブログをご参照ください(笑)

我々もそうだが、都市にいながらどうやって森や山村とつながるか。
そこには、「橋渡し役」が必要なんだと思う。

日頃、橋渡し役(つなぎ役)になるべく、あの手この手で切り口を見つけてきたわけだけど、この講座を通じて、そうした仕掛け人(プロデューサー)的な視点が都市でもっと共有できれば。。


ちなみに朝大学は朝7時から1時間のクラス。
朝起きるのが大苦手の自分にとって、毎週金曜日に5時起きが続くのはドキドキする! (>_<)

自分が寝坊したら、クラスが成り立たないわけで。。
しかも本当の大学と違って、「休講」は許されないのですわ。。。

ということで、あと数回、早起き頑張りまーす

あ、それと朝大学の受講者は、7、8割が女性
(これは他のクラスでも同じらしい)

男子、もっとがんばろうぜ!

个个个个个个个个个个个个   
 水谷伸吉



 22 . May Wed  more trees事務局
練習の会
今日は番外編。


我々の仲間内では「練習」という言葉が普及している。
「練習」とは、言ってみればお酒を飲むことの隠語である。

なぜ「練習」なのか、、、

きっかけは2011年夏。

教授と宮崎県諸塚村に立ち寄った際のこと。。。

日中、森での現場ロケなど終えて、宿には夕方17時頃に入った。
村の関係者との懇親会までは1時間以上の時間があった。

散々汗をかいていた教授が、食堂の一角にビールサーバーがあるのを発見。

教授 「いやぁ喉乾いたし、皆さんには悪いけどちょっと飲んじゃいたいなぁ。。。」
水谷 「教授、つまり練習、ってことですね!」
教授 「何?練習って?」
水谷 「宴会で先に集まっちゃった人たちが、「乾杯の練習しちゃおう」
     といって先に始めちゃうことを、「練習」っていうんです。
     であれば後ろめたさも減りますし?」
教授 「いいね!じゃあ練習しちゃおう!」

ということで、翌日も諸塚で練習に励むことに。
こうして、「練習の会」は発足した。


_MG_1824.JPG
会則だってあるんです
(クリックすると拡大します)









そして先日のmore treesトリエンナーレ in 岐阜。
http://www.more-trees.org/blog/2013/05/more-trees-9.html

これまでは、各地域に立寄らせていただいた際に個別で練習をしていたが、
今回は初めて、全国のmore tre
esと関わる地域の「全体練習」!

その数、総勢約100名が下呂に集結。

_MG_0546.JPG

何とも壮観です。









_MG_0514.JPG団旗も用意しましたwww














各地域の首長さんらと一緒に鏡開き。
(樽酒を提供してくれた地元、岐阜の天領酒造さん、蒲酒造さん、ありがとうございました!)

_MG_0571.JPG_MG_0614.JPGのサムネール画像










そして皆さんバトルロワイアル状態に。
行政、森林組合、素材生産業者、NPO etc...
この際、所属なんてどうでもいいんです。


_MG_0738.JPG_MG_0727.JPG










もう自分の席なんか関係ありませんっ!
てかグチャグチャ(笑)

でもこれは狙い通りで、そもそも皆さんが座っていただく席もくじ引きにして、全国の方がうまくバラけるようにしたのも功を奏したかも。

やはり、森に対する想いやベクトルが一致するせいか、初対面でも意気投合している風景がここかしこに (ニンマリ)

時が立つのがあっという間の「全体練習」でした。


最後は教授の音頭で「五本締め」

_MG_0851.JPG












教授より、締めのご挨拶。なぜ横で自分が爆笑してるのか覚えてません (^^;)

_MG_0883.JPG












ちなみに、翌日のサミットや現場見学会後、連泊されたチームはふたたび「居残り練習」をしました 汗


日々練習!
森づくりの「練習」も頑張ります (^^)v


个个个个个个个个个个个个个个个个   

 水谷伸吉