home > carbon offset > outline

カーボンオフセットとは?

カーボンオフセットとは、自らの温室効果ガスの排出量を認識し、主体的にこれを削減する努力を行なうとともに、削減が困難な部分の排出量について、他の場所で実現した温室効果ガスの排出削減・吸収量等を購入すること又は他の場所で排出削減・吸収を実現するプロジェクトや活動を実施すること等により、その排出量の全部又は一部を埋め合わせることをいいます。
もう少し簡単にいいますと私たちがどうしても排出してしまうCO2(二酸化炭素)を、植林やグリーンエネルギーなどによってオフセット(相殺)することがカーボンオフセットです。
2008年に京都議定書の第一約束期間がスタートしてから、カーボンオフセットについて行政、企業、個人の関心が一層高まっています。中でも森林ベースのカーボンオフセットには今後ますます大きな注目があつまるでしょう。
ゴミのポイ捨てがよいことではないように、CO2の「ポイ捨て」もモラルに反することではないでしょうか? 自分の出したCO2は自分でオフセットする― それが現代人のマナーだとmore treesは考えます。