ニュース

『THE BIG ISSUE日本版』の坂本龍一特集にmore treesのインタビューが掲載されました

 
ホームレスの人の社会的自立を応援する『THE BIG ISSUE日本版』最新号(478号 / 5月1日発売)でmore treesのインタビューが掲載されました。
 
本号は、世界的な音楽家として活動しながら、社会的課題にもコミットし続けた坂本龍一の特集号。坂本がmore treesを創立した経緯のほか、高知県梼原町からはじまった「多様性のある森づくり」、現場に足を運び地域の方々と交流する”教授”の様子、そして没後に立ち上がった植樹のための寄付プラットフォーム「TREES FOR SAKAMOTO」など、坂本が愛し遺した森を巡る活動について紹介されています。
 

【表紙・スペシャル企画】坂本龍一
昨年3月28日に永眠された坂本龍一さんは、1978 年のデビュー以来“教授”の愛称で親しまれ、音楽家としても一人の人間としても、世界中に大きな影響を与えてきた。
「ビッグイシュー」の表紙・スペシャルインタビューにも、これまで2回登場いただいた(106 号、236 号)。
今回のスペシャル企画では、その音楽性だけでなく、坂本さんが社会的活動によって残したレガシーにも迫る。
まずは、闘病中の坂本さんが最後の力を振り絞って演奏した、最初で最後の長編コンサート映画について、監督の空音央さんに話を聞いた。
また、「次の世代に美しいバトンを渡したい」と、脱原発、森林保全、被災地支援など、多岐にわたる社会的活動に力を注いできた坂本さんと活動をともにした方々に話を聞いた。
 『THE BIG ISSUE日本版』 478 号(5月1日号)より

 
 
▼ 『THE BIG ISSUE』の販売場所はこちら

関連記事

TOP