more treesの森

私たちは、日本国内11か所、海外2か所に「more treesの森」を展開し、森の保全活動を行っています。
森の保全は、ただ木を伐らないこと、木を植えることだけでは実現できません。
地域によってその方法はさまざまであり、活動の主役となるのはその土地に暮らす人々です。

私たちは、地域の人々がもつ林業の技術や知識を最大限に生かすことで、
その土地ならではの森林保全につなげられると考えています。
そして、その土地に暮らす人々の生活が経済的にも適切に維持されるよう、方法を一緒に考え、実践のサポートをしています。

日本の森の課題と取り組み日本の森の課題と取り組み

日本は国土の約7割が森林に覆われる森林大国です。戦後の木材不足により、国によってスギやヒノキなどの植林が推進されたことで、人工林を中心にこの100年間で日本の森林面積は増加しました。森林の増加は一見よいことのようですが、現在の日本では、本来目指していた「木を育て、手入れをし、適切に伐採し、素材として生かす」サイクルが十分には成り立っていません。

また輸入材の増加に伴い、かつて9割以上あった木材自給率は現在は約3割程度にまで低下し、日本の林業は衰退の一途をたどっています。間伐などの手入れが行われなくなった森は、木々が過密状態になります。そのために地表まで陽の光が届かない、下草が生えない、表土が流出する、土壌の保水力が低下する、といった事態を連鎖的に招きます。その結果、森は健やかさを保てなくなっていきます。

こうした課題に対し、私たちは、主に間伐などの適切な森林整備を行うことで森林を健全な状態に導き、森林が持つ機能の回復を目指しています。また、国産材の活用を進めることで、森林整備を推進し、健全な森林を維持しながら活用するサイクルの成立に取り組んでいます。

海外の森の課題と取り組み海外の森の課題と取り組み

世界では、1秒間にテニスコート20面分もの森が消失していっています。特に問題となっているのが、豊かな生物多様性を支える熱帯雨林などの減少です。目先の経済効率を優先させ、伐採して木材や燃料にしたり、焼き払って農地にしてしまうことが主な要因です。また、野焼きによる開墾は、コストがかからないことから違法であっても後を絶たず、その延焼が森林火災の大きな原因となっています。
こうした現状に対し、私たちは、主に植林とそのメンテナンス、また森林火災防止のための防火帯や貯水池などのインフラ整備も行っています。

森林減少が著しい発展途上国においては、森林の適切な管理や運営に地域住民とともに取り組んでいます。森林管理作業への対価や、「アグロフォレストリー」として植林木の間に植えた果樹から果実を収穫・販売することが現金収入の機会につながり、私たちが実施する森林再生プロジェクトが貧困問題や人口増加に対してもポジティブな効果をもたらしています。

more treesの森マップ

001 高知県 梼原町

001高知県 梼原町

土佐のチベット

002 高知県 中土佐町

002高知県 中土佐町

ヒノキとカツオの薫る町

003 北海道 下川町

003北海道 下川町

北の大地に根ざす森林未来都市

004 フィリピン キリノ州

004フィリピン キリノ州

シエラマドレ山脈に抱かれた大地

005 長野県 小諸市

005長野県 小諸市

浅間山麓に広がる高原都市

006 宮崎県 諸塚村

006宮崎県 諸塚村

九州のマチュピチュ

007 熊本県 小国町

007熊本県 小国町

阿蘇北麓の名湯とスギの町

008 大分県 日田市

008大分県 日田市

豊かな清流と美林の郷

009 新潟市 秋葉区

009新潟市 秋葉区

石油の里から木質エネルギーの里へ

010 岩手県 住田町

010岩手県 住田町

森林・林業 日本一を目指す町

011 岐阜県 東白川村 / 中津川市 加子母

011岐阜県 東白川村 /
中津川市 加子母

清流の里、東濃ヒノキの名産地

012 鳥取県 智頭町

012鳥取県 智頭町

鳥取砂丘の源流、歴史あるスギの町

013 インドネシア 東カリマンタン州

013インドネシア
東カリマンタン州

「森の人」オランウータンが暮らす豊かな熱帯雨林

TOP