活動紹介

私たちが取り組むのは、「森づくり」です。私たちが取り組むのは、「森づくり」です。

「森づくり」は、木の健やかさや、失われていく森を取り戻す保全活動にとどまりません。
森からは製品・サービス・情報・体験を都市に届けること。
都市からは、森の恵みの価値を受け止める人々の気持ちや経済的な対価を森に返すこと。
「都市と森をつなぐ」、そのサイクルを巡らせることが、私たちの考える「森づくり」です。

森を保つ

国内11か所、海外2か所に「more treesの森」を展開し、森の保全活動を行っています。森の保全は、ただ木を伐らないということではありません。日本の森では、木を育て、手入れをし、適切に伐採し、素材として活かす、そのサイクルを維持することで森を保全しています。そのため、主に木の成長を促し森を健全に保つ間伐を行います。
一方で減少が進む海外の森では、森林の再生を目指し、主に植林と火災防止のための防火帯や貯水池などのインフラ整備を行います。

森を保全する主役は、その土地に暮らす人々です。私たちは、地域の人々がもつ林業の技術や知識を最大限に活かすことで、その土地に合った森林保全につなげます。また、その土地に暮らす人々の生活が経済的にも文化的にも持続可能であるために、方法を一緒に考え、実践のサポートをしています。

「more treesの森」について

森と「人」をつなぐ

都市に暮らす人々に森をもっと身近に感じてもらえるよう、セミナーやイベントを通じて、森とともに暮らし、保全する人々の活動や、森の現状・課題を伝えています。森を実際に訪れ、森の恵みを五感で感じられるツアーも開催します。

詳しく見る

森から「もの」を届ける

国産の木を活用した製品を企画・販売しています。地域の職人とデザイナーの協働で生み出されるのは、毎日の暮らしのそばに置きたいと思える製品や、居心地がよく魅力的な空間です。こうした「もの」を通じて得られた対価は、森の保全活動に還元されます。

詳しく見る

森と「空気」を変える

企業活動などにより排出されたCO2を「more treesの森」が吸収することで相殺する、森林由来のカーボン・オフセットサービスを提供しています。そのため、いつ・どこで・どのように生まれたクレジットかが明確な「顔の見える」カーボン・オフセットが可能です。また、このサービスによって得られた対価は、森の保全活動に還元されます。

詳しく見る

森からはじまるさまざまな活動森からはじまるさまざまな活動

2011年に発生した東日本大震災の被災地支援プロジェクトとして、岩手県住田町が地元の木材を使って建設した木造仮設住宅の費用を支援する「LIFE311」など、森を起点としたさまざまな取り組みを行っています。

詳しく見る

私たちといっしょに“more trees!”私たちといっしょに“more trees!”

私たちの「森づくり」は、たくさんの方々のご支援によって支えられています。
都市に暮らしていても、いまは森のことをあまりよく知らなくても、いろいろな方法で
「森づくり」に参加することができます。ぜひ、私たちといっしょに、森をつくりましょう!

TOP