ニュース

クラウドファンディング「オランウータン 緊急支援プロジェクト」を実施します

© 2020 Borneo Orangutan Survival Foundation

12月1日(火)より、株式会社Freewillが運営するクラウドファンディングサイト「SPIN」で、「オランウータン 緊急支援プロジェクト」の支援金の募集を開始します!

BOS財団(Borneo Orangutan Servival Foundation)は、オランウータンの保護を目的に1991年に設立されたインドネシアの非営利組織です。所有する2ヶ所のリハビリテーション施設で保護したオランウータンを野生に還すためのトレーニングを行い、野生へ復帰する準備ができたオランウータンを、BOS財団が確保している熱帯雨林へと還しています。

しかし今年の3月以降、新型コロナ感染症の影響により、オランウータンを野生へ還すオペレーションが中止され、現在も野生へ還る予定だったオランウータンたちが、リハビリテーション施設に留められている状態です。野生に還されているはずだったオランウータンにかかるコストが嵩む一方、新型コロナ感染症の影響で、財団の主な収入源である海外からの寄付が減少している状況です。

2016年よりmore treesがインドネシアで活動を開始した「オランウータンの森 再生プロジェクト」では、BOS財団をプロジェクトの現地パートナーとして、財団が所有するオランウータンリハビリテーション施設内の森林火災跡地の再生と防火インフラの整備に取り組んできました。
この度more treesは、新型コロナ感染症の影響で活動が大きく制限されているBOS財団の活動を支援するクラウドファンディングを立ち上げます。

オランウータン 緊急支援プロジェクト
 目標金額:578,800円
 金額内訳:
  ・オランウータン活動支援費     300,000円
  ・BOS財団活動運営費       100,000円
  ・more treesプロジェクト管理費  100,000円
  ・決済手数料           78,800円
 支援期間:2020年12月1日(火)~2021年1月31日(日)23:59

餌代やメディカルチェックなどのため、オランウータン1頭当たり、1か月に2.5万円が必要になります。オランウータン活動支援費30万円で、1頭のオランウータン1年分の費用を賄うことができます。

森の豊かさの象徴である「森の人」オランウータンの保護活動へ、皆様からのご支援をお待ちしています!!

ご支援・詳細はこちら

関連記事

TOP