ニュース

11/26開催「SDGs達成のカギを知る~企業活動と生物多様性・森林の関係とは~」セミナー参加者募集中

more treesは、国連の定めた「SDGs」への関心の高まりを受け、「SDGs達成のカギを知る~企業活動と生物多様性・森林の関係とは~」と題したセミナーを開催いたします。

≫開催概要はこちら


■SDGs達成のために、なぜいま生物多様性や森林について考えるべきなのか?

「SDGs」とは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称です。2015年9月の国連サミットで採択され、国連に加盟する193か国が2030年までに達成すべき17の目標から構成されています。 自社の理念と持続可能性を融合し、SDGsを企業活動の根幹に据えることで企業価値を高めていくことが、地球全体の持続可能性に通じる取り組みとしてこれからの企業活動に広く求められています。

2017年1月に国連森林フォーラム(UNFF)が採択した「国連森林戦略計画2017-2030」では、SDGsの17の目標のうち森林分野が14の目標達成に寄与することが示されました。 森林保全に伴う森の機能の回復により、陸上資源のみならず海洋資源や水資源の保全につながるほか、気候変動対策など国内外の様々な課題解決に貢献することができます。
また人類の基本的な生存手段である衣食住を担い、経済活動の基盤となる「生態系サービス」を支える生物多様性の保全は、あらゆる企業にとって必須の取り組みであると言えます。
 

■環境戦略のプロに学ぶ!SDGsセミナー

基調講演には、SDGsと生物多様性の関係性をテーマに企業のCSRや環境戦略に関する発信を数多く行っている、アミタホールディングス株式会社の本多清氏にご登壇いただき、企業活動の根底にあるともいえる生物多様性(生態系サービス)とSDGsとの関係についてご紹介いただきます。
またSDGsの目標達成に向けた取り組みについて、サントリーホールディングス株式会社の内貴研二氏にご紹介いただくとともに、「企業価値を高めるSDGs戦略とは」と題したパネルディスカッションを行います。

 
SDGsと生物多様性、森林分野の関係を紐解くことで、ビジネスパーソンの方々にとってSDGsの具体的な取り組み方法を掘り下げるヒントにしていただければ幸いです。この機会にぜひご参加ください。


※本セミナーは、環境省が主体となり気候変動対策や脱炭素社会の実現に向けた取り組みを推進する「気候ウィーク2018」の登録イベントです。
「気候ウィーク2018」は、12月にポーランドで開催される気候変動枠組条約第24回締約国会議(COP24)に先立ち、2018年11月19日~12月2日の2週間にわたって、国内の気候変動対策への気運を高めるための取り組みとして実施されています。
≫詳しくはこちら


「SDGs達成のカギを知る~企業活動と生物多様性・森林の関係とは~」
■日時:
2018年11月26日(月)19:00~21:00(開場18:30)

■会場:
アカデミーヒルズ
(東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー49F)

■プログラム:
◇基調講演「SDGsと生物多様性」(60分)
     本多 清 氏(アミタホールディングス株式会社 経営戦略グループ)
◇パネルディスカッション「企業価値を高めるSDGs戦略とは」(40分)
     内貴 研二 氏(サントリーホールディングス株式会社
           コーポレートサステナビリティ推進本部 サステナビリティ推進部長)
     本多 清 氏(アミタホールディングス株式会社)
     ファシリテーター:水谷 伸吉(一般社団法人more trees)
◇質疑応答(10分)

■定員:
140名

■参加費:
1,000円

■お申込み方法:
参加をご希望の方は必ず下記より事前にお申込みください。
(申込サイト(Peatix)のページにリンクします)
お申込みはこちら

※申込締切:2018年11月21日(水)23:59
※お申込みは先着順です。定員に達し次第、受付終了となります。
※お申込み・お支払い後の払い戻しはできかねますので、予めご了承ください。
※プログラムは変更となる可能性があります。
※領収書はこちらをご参照のうえ、Peatixよりダウンロードください。

■基調講演:

本多 清 氏
(アミタホールディングス株式会社 経営戦略グループ)

環境ジャーナリスト(ペンネーム/多田実)を経て現職。自然再生事業、農林水産業の持続的展開、 野生動物の保全等を専門とする。外来生物法の施行検討作業への参画や、CSR活動支援、生物多様性保全型農業、稀少生物の保全に関する調査・技術支援・コンサルティング等の実績を持つ。著書に『境界線上の動物たち』(小学館)、『魔法じゃないよ、アサザだよ』(合同出版)、『四万十川・歩いて下る』(築地書館)、『バケツ一杯からの革命』(アミタホールディングス(株))など。


アミタグループについて
1977年に創業。東証JASDAQ市場上場(アミタホールディングス株式会社)。 「持続可能な社会の実現」をミッションに掲げ、40年に渡る環境分野での業務ノウハウをもとに、全国各地の企業や自治体におけるサステナブル経営や街づくりを推進。 企業の持続可能性を高める総合支援サービス「The Sustainable Stage(サステナブルステージ)」と地域の持続性を高める総合支援サービス「BIO(ビオ)システム」を提供。2017年1年間の取引先顧客数は1,240社(国内のみ)。

■主催:
一般社団法人more trees

■協力:
アミタホールディングス株式会社
アカデミーヒルズライブラリー

■後援:
林野庁
毎日新聞社
株式会社オルタナ

■情報の取り扱い:
事前のお申込み時にご登録いただく情報、および当日会場での受付時にご提出いただく名刺の情報につきましては、当セミナー協力企業へ提供されます。また、電子メール等による各種情報提供、ならびにマーケティング活動のために利用させていただくことがございますこと、予めご了承ください。

■お問合せ先:
一般社団法人more trees
info@more-trees.org

≫本セミナーに関するプレスリリースはこちら

関連記事

  • 活動紹介:講義/セミナー
  • お知らせ
  • 活動紹介:イベント/ワークショップ
TOP